スマホで見る

はむらんに乗りました。【%%BLOG_PAGECREATED%%更新】 |羽村市の不動産をお探しなら、センチュリー21トラヤにおまかせください!

  • 羽村市のコミュニティバスであるはむらんに乗ってみました!2018-03-29

    大久保です。羽村市には「はむらん」というコミュニティバスがあります。
    こんなやつです(羽村市公式サイトより)。

     
    交通空白地域・不便地域の解消等を図るため、羽村市が西東京バスに委託して運航している乗合バスです。羽村市内の公共施設と羽村駅・小作駅を結ぶ経路で運行されています。
     
    一方向のみの循環バス(電車でいうところの内回り・外回りがない)なので行きたい場所によっては使い勝手がよくないですが、市内の公共施設ならたいてい100円で行けるのは魅力ですね。乗り換えも1回までなら無料です。
     
    私はこのはむらんに前から一度、乗ってみたかったんですが、乗る機会がないまま20年が過ぎておりました(←さらっとすませるつもりで書いてますがここたぶんツッコミどころです)。
     
    しかし先日、自宅から小作へ向かって歩いていたとき、市役所前のはむらんの停留所を通り過ぎようとしたときにちょうどはむらんが停まったので、乗ってみました。中はこんな感じでした。
     




     
     
    乗り心地はかなりよかったです。
    私はちょっとだけ閉所が苦手ですので、もう少し広いほうが助かりましたが一般的には十分な広さだと思いました。SuicaやPASMOも使えるみたいでした。
     
    後で調べたところ、私が乗ったはむらんは「小作コース」と呼ばれる経路を循環しておりました。これは市役所通りをまっすぐ小作へ向かうわけではなく、羽加美4丁目のチューリップ畑のほうを回っていく経路でしたので、市役所前から小作駅に到着するのに20分ちょっとかかりました。羽村市役所から小作まではゆっくり歩いても18分くらいですから急いでいる方には使えないかもしれませんが、旧奥多摩街道沿いから駅に向かいたい人には貴重な交通手段ですね。
     
    市民プールや動物園、西多摩フレッシュランドへ行きたいときにも貴重です。
    とりわけ西多摩フレッシュランドで風呂上りに飲みたい方にはいいんじゃないでしょうか?
    ちょっと意外なのは福生病院にもはむらんで行けることではないでしょうか。
     
    平成24年からは電気バスも走ってるようなんですが私が乗ったのはそうではなかったです。
    この電気バスは日野自動車が開発したもので、路線バスとしての実用運行は全国初とのことです。やりますね、羽村市。
     


    ページ作成日 2018-03-29

無料会員登録
現地販売会
  • スタッフ紹介
  • お客様の声

店舗紹介

店舗写真

羽村市、福生市、青梅市の不動産はセンチュリー21トラヤにお任せください

〒205-0011
東京都羽村市五ノ神4-6-7 三和ビル1F
TEL:042-579-5212
FAX:042-579-5213
営業時間:9:30~19:00
定休日:毎週水曜日及び第2第3火曜日